福岡のインビザライン矯正 豊嶋歯科

ホーム インビザラインの特徴 インビザライン治療の流れ 患者様の声 治療費用 矯正歯科Q&A

 インビザライン治療の流れ


 1 無料相談
お悩みを伺ったうえで、現在のかみ合わせの状態、治療方法・費用などおおよその治療の説明をさせていただきます。

 2 精密検査
歯や頭蓋骨のレントゲン写真、歯の模型、お顔や歯の写真などの必要な資料をとります。

お時間は約1時間ほどかかります。
これらの資料を分析し、治療計画を立てます。

 3 コンサルテーション
診断結果、治療方針・治療計画についてご説明します。
必要があれば治療計画の変更・修正を行います。
患者さまの同意をいただいてからインビザラインの発注を行います。

 4 治療開始
アライナーの装着開始
装着方法、お手入れ方法など説明いたします。
治療上必要があれば、
アタッチメントという樹脂性のポッチを歯に装着したり、歯のサイズの調整を行います。

★抜歯を伴う場合や複雑なケースの場合は、アライナー装着前にブラケット装置や内側のワイヤー装置などの補助装置を用いた治療を数か月間行うことがあります。
アライナー治療のあとに数カ月行うこともあります。

 5 定期来院 (2週間から2か月ごと)
アライナー使用状況と歯の移動の確認をおこないます。
そして次のステップのアライナーをお渡しします。
治療の流れによって1−2か月分のアライナーをお渡しすることも可能です。
2週間ごとにご自分で次のステップのアライナーに交換していただきます。
必要に応じ、
アタッチメントという樹脂性のポッチを歯に装着したり、歯のサイズの調整を行います。

 6 治療後のかみ合わせの評価
すべてのアライナーを使用し終わった時点のかみ合わせを詳しく精査します。
問題がなければ終了時の精密検査を行い、保定・メンテナンスへと移ります。
修正の必要があれば、歯型をとって数個のアライナーを作成して歯を動かしたあと(
ケースリファイメントといって追加費用はかかりません)、メンテナンスへと移ります。

 7 保定・メンテナンス
動かした歯を安定させるため、通常のワイヤー矯正治療と同じく保定装置(リテーナー)を用いメンテナンスを行います。期間は患者さまにより異なりますが、通常歯を動かすのにかかった期間と同じくらいです。
年2−3回ほど来院していただき咬み合わせを確認します。


★補助装置について
・インビザラインのみでは治療が困難と思われる症例(抜歯が必要な重度の叢生でこぼこ、上顎前突、下顎前突、および重度の歯の回転など)については、インビザライン治療の前または後に、数カ月間従来型のワイヤー、ブラケットや内側の固定式装置を用いることが必要になる場合があります。


★アタッチメントについて
アライナーによる歯の移動に必要な力を補助するため、歯に小さな樹脂性の突起をつけることがあります。アタッチメントは治療終了後すみやかにはずされ、歯に影響はありません。


★歯のサイズ調整について
歯並びによっては、きれいに並べるため歯の幅を少し削ることによって歯を小さくする場合があります。
歯の健康には問題ないとされる0コンマ数ミリの量です。


★顎間ゴムについて
歯の移動方向、量によってはアライナーと
併用して、歯に小さな丸いボタンをつけて、ご自分で小さな輪ゴムをかけてもらう場合もあります。





インビザライン矯正ムービー

インビザラインの製造プロセス

患者様の声

インビザライン治療の流れ

治療費用

矯正歯科Q&A


豊嶋歯科・矯正歯科



福岡市城南区茶山4-3-36

地下鉄 茶山駅、金山駅から徒歩5分
西鉄バス 茶山団地前から徒歩2分
茶山四つ角より福大方向へすぐ
[>MAPを見る]

福岡市城南区にある豊嶋歯科・矯正歯科は、地下鉄七隈線「茶山」と「金山」駅の間に位置しています。今後とも、福岡市城南区をはじめ、福岡市中央区、福岡市早良区、福岡市南区など、福岡市の皆様に愛される歯科医院として頑張ってまいります。




Copyright (C) 2010 福岡インビザライン矯正 豊嶋歯科. All Rights Reserved.